トップページ
 創始者の紹介
 札幌家庭教会の紹介
 教会長の挨拶
 家庭連合の祭事
 札幌家庭教会の社会活動
 札幌家庭教会ブログ
 札幌の歴史
 お問い合わせ

安侍日カレンダー ↓
札幌家庭教会定例行事
日曜礼拝 説教抜粋
日曜礼拝 聖歌隊ライブラリ

札幌家庭教会の紹介


家庭連合のミッション:

『私たちは、真の愛を中心として“神の下の人類一家族”という理念に基づき、
 ために生きる生活と真の家庭運動の推進を通して、
 自由・平和・統一・幸福の世界を実現します』

札幌家庭教会に於いても、神様(天の父母様)の願いを受け止め、幸福な世界の実現へ努力を継続しています。

移転直後の札幌家庭教会外観(2007/09/10) 札幌家庭教会外観(2015/11/10)
〔移転直後の札幌家庭教会外観〕
(2007/09/10) 
〔現在の札幌家庭教会外観〕
(2015/11/10) 

かつて、札幌教会は北区北16条西4丁目にありましたが、2007年9月10日に現在地に移転してきました。
現在の札幌家庭教会は、郊外の住宅街にあります。

住所に「屯田」の名前が付されている如く、この辺りは明治時代に屯田兵が農地として開拓した土地です。

「屯田」の「屯」の文字は、「寄り集まる」「滞在する」という意味があり、私達もそのような存在でありたいと、日々歩んでいます。

創始者と札幌教会の関わり


創始者ご夫妻やその子女達は、これまでに何度か札幌教会を訪れ、信徒達と交流をしてきました。

1965/02/08 札幌教会
創始者 文鮮明総裁は1965(昭和40)年2月8日、当時既に開設されていた札幌教会に初めて来られました。

この時は、釧路や帯広からも信徒が駆けつけ、併せて15名でお迎えし、夕食を共にし、 AM 2:00 頃まで質問会・和動会を行いました。
翌日(2月9日)は、AM 6:30 に教会を後にし、AM 7:15 の列車で次の目的地、仙台に向かいました。

〔日本統一運動史/歴史編纂委員会 p.210-211 より〕


1965/02/09 揮亳
この時に残された揮亳

左側:「福地建設 萬民義務」
右側:「宇宙主管願ふ前に我を主管せよ」

〔日本統一運動史/歴史編纂委員会 p.211 より〕


1991/09/22 北海道壮瞥町
創始者の妻 韓鶴子総裁(注:韓国では、基本的に夫婦別姓)は、1991年9月に初めて北海道を訪れました。

9月22日は白老町のポロトコタンや有珠山を観光されて、さらに観光農園にて、この近辺の農産物でもある「りんご狩り」をされました。

有珠山山頂に登った時、
「どうして北海道に来たかというと、それは神様に近くて最も疎外された場所だからです。」 (一部抜粋)

と、涙の祈祷をされました。
翌日(23日)、このりんごは北海道の信徒代表を通して、800個手渡されました。

〔日本統一運動史/歴史編纂委員会 p.448-449 より〕


りんご狩り 1991/09/22 りんご狩り 1991/09/22 りんご狩り 1991/09/22
※これら3枚の画像は、画像クリックで少し大きな画像が表示されます。

札幌家庭教会の場所


〒002-0855 札幌市北区屯田5条9丁目1-36 Tel:011-775-5180 FAX:011-775-5178

大きな地図で見る