トップページ
 創始者の紹介
 札幌家庭教会の紹介
 教会長の挨拶
 家庭連合の祭事
 札幌家庭教会の社会活動
 札幌家庭教会ブログ
 札幌の歴史
 お問い合わせ

安侍日カレンダー ↓
札幌家庭教会定例行事
日曜礼拝 説教抜粋
日曜礼拝 聖歌隊ライブラリ

札幌家庭教会の社会活動


札幌家庭教会では、
家庭連合の目標である「ために生きる」精神を育む上で、具体的に様々な社会活動を行っています。

ここでは、その一部をご紹介します。

バザー売上金を地元の社会福祉協議会へ寄付

古着のバザー売上金を北区社会福祉協議会に寄付いたしました。
札幌市北区社会福祉協議会の「社協だより 2021年11月号」に掲載されました。

右側画像をクリックし、赤枠を参照下さい。


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。

第20回ペットボトルキャップ回収ボランティア活動

2021年8月2日 第20回ペットボトル・キャップで子どもの生命を救おう!の結果報告です。

今回、2021年3月下旬に第19回のキャップ活動を行いましたが、その後、4か月ぶりに第20回目を行いました。
下記画像にもあるように「38,048個」の数とその重さは、「82kg」という今までの中で1番多くの数が集まりました。(凄い~!)


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。

これも職場からの提供や地域の皆さんのご協力、何よりも会員の家庭参加も増えてきたので、今回の数になったと思っています。

第20回での多くポリオワクチンの寄贈は、20.5人分です。10年前に始まった頃は、1kgで1人分という時もありましたが、 現在では、4kgで1人分のワクチンが贈れる状況です。

小学生3人、中学生3人、お母さん2人の8人で選別作業を行いました。
1時間40分程で作業が終わりました。(これも、凄い~)


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。

食事のあと、みんなでヤマト便の発送所に行き、18個の段ボール箱を発送しました。そのあと、ティータイムをもって解散しました。

ありがとうございました。お疲れさまでした。次回は、12月を予定しています。

第19回ペットボトルキャップ回収ボランティア活動

2021年3月29日 第19回ペットボトル・キャップの選別作業を行う。

2021年度1回目のペットボトルキャップ回収ボランティア活動にご参加くださり、誠にありがとうございます。 今回の第19回の活動におきましては、44㎏、個数は、20,064個となりました。

また、このキャップ1㎏をゴミとして焼却すると、138㎏のCO2が排出されます。
このCO2を1年間で綺麗にするならば、樹齢50年の杉の木が10本必要になります。

このボランティア活動は、ポリオワクチン(11人分)を提供すると同時に、国連が推奨しています SDGs にも積極的に参加することになります。

「人生は、いつ終わるかわからないマラソンを走るようなものです。
 それを走り切るための力は、お金でもなく、名誉や権力でもありません。
 赤ん坊が泣けば、母親はどんなに疲れていても無条件に乳を与えますが、そんな無私の愛こそ、
 最も偉大な愛です。」

(自叙伝;人類の涙をぬぐう平和の母 P.316 より)

1個のキャップ活動から世界平和が起こることを願ってやみません。


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。


画像クリックで、拡大画像が表示されます。


海浜美化活動 2020

2020年7月18日(土)実施

YSP札幌北東支部主催、北海道平和大使協議会共催にて行いました。
YSP(青年学生連合)の若者を中心に、赤ちゃんも含む、家族みんなでの参加となりました。

目の前の誰かの為に生きる!をモットーに今年も楽しくゴミ拾いをしました。

新型コロナウィルス感染拡大対策の影響で、例年より遅い開催となり、
今回実施した”石狩のあそビーチ”も今年は遊泳禁止となっておりました。

私たちも、マスクはもちろん、手指のアルコール消毒、検温、手袋等、感染予防対策を徹底しての実施となりました。
昨年に引き続き佐々木大介議員もご参加くださり、激励のご挨拶をいただきました。

プラスチックゴミが全世界的に問題になっていますが、特に細かいプラスチック片が海岸には多く目立ちました。
改めて環境問題を考える一日となりました。


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。


画像クリックで、拡大画像が表示されます。

画像クリックで、拡大画像が表示されます。

海浜美化 2020集合写真
画像クリックで、拡大画像が表示されます。

手作りマスク寄贈


教会の奉仕活動の一環として「マスクを作って寄贈しよう」と提案があり活動を行いました。
既成品のマスクの寄贈と手作りマスクの寄贈で取り組みました。

新型コロナウイルスの関係で教会に集まれないため、各家庭で作業してもらいながら、
最終的には、既製品マスク50枚、手作りマスク216枚を札幌市北区社会福祉協議会へ寄贈する事が出来ました。
(2020[令和2]年3月26日 札幌市北区社会福祉協議会へ寄贈)

マスク寄贈
マスク寄贈
画像クリックで、拡大画像が表示されます。


マスク寄贈
マスク寄贈

海浜美化活動 2019


積雪時期を除き、
毎年、札幌市の北隣りにある石狩市の海岸において、ボランティア清掃活動を実施しています。
『ゴミを拾う人はゴミを(ポイ)捨てしない』を合言葉にして継続しています。

2019年は、佐々木大介 北海道議会議員も一緒に参加して下さいました。

海浜美化活動
作業開始前に、
簡単な注意事項などを打ち合わせしています。
海浜美化活動 分別収集が基本なので、
各自選別して作業にあたっています。


海浜美化活動
海浜美化活動

海浜美化活動 集合写真[2019/06/02]
ゴミが無くなったキレイな浜を背景にみんなでパチリ。
気持ちの良い汗を流した一日でした。(2019[令和元]年6月2日 石狩市の海岸にて実施)

純潔ラリー


純潔ラリー 様々な性感染症や性犯罪が嘆かれる昨今ですが、その根本原因のひとつに「婚前交渉」「不倫・浮気」に価値を置く風潮があると考えられています。
 
このことは、性的虐待や様々な性感染症を生み出す温床になっていると言われています。

即ち、「純潔を守ること」こそが幸福な家庭の礎となることを、中学・高校生にも啓蒙する必要があり、札幌家庭教会でも毎年行っています。