2014/03/17(月)第12回春の大讃美原理大復興会開催

未定義 天国の記者

3月16日、第12回春の大讃美原理大復興会が行われました。今回のテーマは「世界平和は真の家庭から 北東アジアの平和を願って」です。当協会末永喜久子副会長が講演をしました。特に日韓関係が大きく冷え込む中、大正時代、日本の皇室から韓国皇室に嫁ぎ、日韓友好の為に尽力された「李方子」様のお話をされ、日韓関係の改善が東アジアの平和に果たすことの重要性を講演されました。

20140317_0.jpg
  
20140317_1.jpg

2014/02/12(水)雪まつり会場に純潔の訴え

未定義 天国の記者

2月11日、第65回札幌雪祭りで賑わう会場に、若者たちの純潔の訴えが響いた。純潔アピールは、この時期と夏休みの年二回定期的に行われている。純潔とは男性も女性も結婚まで自分の貞操を守ることを意味する。それを守ることは、高く深く広い人間性を育成する為の証しでもある。退廃的な風潮が当たり前の現代社会にあって、純潔を守ることは、人間の尊厳性を保つこととも表裏一体であることを伝えたい。

20140212_0.jpg
  
20140212_1.jpg

2014/02/11(火)基元節1周年特別記念礼拝

未定義 天国の記者

2月9日基元節一周年を祝賀する特別記念礼拝を行いました。2013年1月13日、基元節の一日を過ぎ、すべてを肯定化し善の時代を創造する時を迎えました。もちろん祝すべき日ですが、言い換えれば肯定化出来ないものは、長く残ることは出来ない時を私たち人類全体が迎えているということです。その最も出発点になるのは私たちの人間性です。肯定化出来る人間性と出来ない人間性の両方を持ち合わせる私たち。右を向けば良き顔をしても左を向けば手のひらを返したように悪しき顔を持つ矛盾した私たち。(もっともそのことに気づき自覚して生きている人は本当に少ない)善の時代は黙っていてもやって来ません。一人一人が自分の心の問題を自覚して新しい時代を創造する担い手になりましょう。

20140211_0.jpg

2014/02/04(火)教会での聖和式

未定義 天国の記者

2月2日~3日、病気の為に聖和(他界)した祝福家庭子女の聖和式を行いました。2日の帰歓式(通夜)には、150名ほどの参列者が故人を送りました。聖和した子女は11歳でしたが、聖和した日は何と彼女の11歳の誕生日でした。数年間、病に伏して来る中、両親や兄弟の愛情をたくさん受けました。誕生日と聖和日が同じという天の尊い演出は彼女を祝福された証拠だと感じます。

20140204_0.jpg
  
20140204_1.jpg

2014/01/12(日)第18期Jr.STF選抜修練報告

未定義 天国の記者
20140112_0.jpg
  
20140112_1.jpg
  
20140112_2.jpg

この修練会の目的を一言で表現するなら、”自分のアイデンティティー(自分が誰なのか?)を知ること”です。そしてこれを考える上での前提は、「私は自分の意志で生まれたのではない」というものです。一般的に考えて、この命題を問うことはナンセンスなのかもしれません。既存の価値観において大半は「自分という存在はあくまでも自分である」という考えの中で生きていることを考えるとです。しかし人間誰一人として、自分の意志で生まれた人はいないという明白な事実に立ち戻ることで、多くのものの視点が変わります。具体的に表現するなら私の存在起源は両親です。その両親はまたその両親です。そしてその両親・・・となります。そしてもっと具体的には両親の愛情こそ私の誕生の根源であるということになります。それを遡っていくと人間の起源にぶつかり、その延長に創造主・原因者(神様)ということを考えざるを得ないのです。私という存在が両親の真心(愛情)から生まれ、その真心の中に神様がいらっしゃることを感じ、その方との関係を知ることが自己のアイデンティティを知り確立するということです。

第二日目には、体力意志力試験があります。これは男子で14~16KM,女子で12~14KMを走ります。体育系の部活をしている人は、これくらいの距離を走ることは容易いかもしれません。しかし、ただ走ることが目的ではありません。一番早く走ったからといって中心評価にはなりません。走る前には、この試験の目的を皆に良く確認する時間を持ちます。

私たちは日々の生活で、なかなか限界点に立つことが少ないですが、この試験はあえて体力的、精神的限界点を作り出すことを通して、その時の自分の心情(気持ち)と真摯に向き合います。自分の無力さや不足さに出会い、自分の利己心や傲慢さに出会い、自分が評価され、認められたいなどの不純な私に出会います。そのように見せられる私と向き合い、闘いながら自分を見つめる神様という存在を求め、その方の愛を求め、自分との関係性を実感として勝ち取ることが目的です。いわば肉体の限界を求めながら、精神的な服を脱ぐということです。

今回も走る子ども達の姿を通し、驚くべき感動のシーンをたくさん見ました。走っている時は、どのような状況でもその人に激励などの声を掛けることは一切しません。最後まで自分自身と闘いながら黙々と走る子ども達の姿は、本当に感動的です。そして走り終わった時、はじめて周りの兄弟姉妹がその人に寄り添い、労をねぎらう姿も美しいものです。ゴールした後は、その時感じた世界の余韻に浸りながら、感極まって号泣する子ども達も多くいました。

2013/12/29(日)プロポーズFORブレッシング開催

未定義 天国の記者

12月28日プロポーズFORブレッシングが行われました。この催しは35歳以上の未婚男女対象に祝福結婚の為の仲介をするイベントです。今回は20名余りの男女が全道から参加しまし、何組かのカップルが誕生しました。来年二月に行われる祝福結婚式に向けてお互いの交流を深めて下さい。

20131229_0.jpg
  
20131229_1.jpg

2013/12/24(火)ファミリークリスマスの集い行う/聖歌隊訪問讃美

未定義 天国の記者

12月23日近くの地域センターにて、ファミリークリスマスの集いを行いました。聖歌隊の讃美を中心に、子ども達の歌と演奏、そして抽選会が行われました。一等は定山渓温泉ペア宿泊券でした。抽選会は大いに盛り上がりました。2014年が良き年になりますように 祈り

20131224_0.jpg
  
20131224_1.jpg
  
20131224_2.jpg

12月24日・26日両日、聖歌隊の施設訪問讃美を行いました。クリスマスの帽子をかぶり雰囲気たっぷりで参加してくれました。お正月を迎える歌なども交えて、皆さんと楽しく歌う時間を過ごしました。

20131224_3.jpg
  
20131224_4.jpg

2013/12/19(木)第11回冬の大讃美原理大復興会開催

未定義 天国の記者

クリスマスを目前にした12月19日第11回冬の大讃美原理大復興会が札幌市民ホールで行われました。今回は、毎回行っている東日本大震災支援に加えて、今月死者6000人以上を出したフィリピン台風でのチャリティーを兼ねて行いました。そして今回の講演は当教会徳野英治会長でした。徳野会長は世界50か国以上を回られた経験から日本が今後取り組むべき5つの課題を提示されました。その中で日本が更に幸福な国になるためには、指導者が短期間で何人も変わらないような政治の安定や教育にいっそう力を注ぐ重要性を強調しました。

20131219_0.jpg
  
20131219_1.jpg
OK キャンセル 確認 その他