2015/06/23(火)ILC-Japan 2015 in 札幌 (国際指導者会議)

未定義 天国の記者

友好団体であるUPF 平和大使協議会が主催し、「少子化非常事態と日本の選択-家庭強化による日本創生-」 をテーマにしたILC-Japan 2015 in 札幌 (国際指導者会議)が6月21日コンベンションセンターで行われました。

第一部、「家庭の危機と再生へのビジョン」 の講話の後、第二部では元埼玉県教育委員会委員長 で音楽家の松居和氏が講演されました。

20150623_0.jpg

松居氏は、「親心を育てる」ことを説いています。それは『0歳から2歳までの言葉がしゃべられない期間、その子と親がどう接するか”に親心を育てる大きな秘密があり、それは祈りの世界に通じる』と話されます。

会場には教育関係者、現職議員なども参加し、直面する少子化へのヒントや、何より人間教育の原点を再確認する機会になりました。 以下、参加した方の感想です。

■『一番良かったのは、松居先生の0歳~2歳児~4歳児~ 幼児に毎年違う役目がある。理解しようとして、平和になって行く。思いやる気持ち、忍耐心が出来る。育て、育て合うと言った内容などが心に残った。自分も孫を持って学ばされる内容がたくさんありました』 元薬剤師Tさん70歳

■『松井先生の講演は保育研修で、まだまだ若い頃の先生の研修会に参加した事があって、絵本の話が印象に残っていました。今日は本当に心に響き久しぶりに手応えを感じました。保育は、福祉サービスと言われ何でも親の言う事を受け入れて、保育現場は余りにも業務内容が多く、本当の保育ってなんだろう?子育て支援の本質は何処にあるのだろうか?と思いながら続けている現状ですが、子どもと親を繋ぐ仲立ちとしての役割、親を親として育てるという事を本腰を入れてやっていかなければならないと思いました』 私立保育園園長Nさん63歳

■『教育現場の証、報告、障害者の写真での報告が良かったです。PTAは、必要か?不要?発表を通して大人の責任を感じました。知らず知らずに生活の中にある子育ての間違った価値観があって、影響されて来ていると思いました』 町議会議員Sさん

OK キャンセル 確認 その他